読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさこ観覧記

またブログ始めました。展覧会観て自分のために何か残さないとすぐ記憶が流れていくから。

2016スクリーンで観た映画

映画についていつも何か残そうと思いながらまた一年が過ぎ、今回もブログの一ページに羅列となってしまった。

2016年はあまり映画を観てない印象で、観ようと思っていた新作を次々と見逃した気がしてたのに、それでも昨年と同じくらいの120本観ていてびっくり。 新作封切44本、映画祭25本、旧作50本の内訳通りで、2016年はキネカ大森によく通ったのと昔の名作映画をよく観たからか。

  1. アンジェリカの微笑み
  2. キャロル
  3. ブリッジオブスパイ
  4. 悪の華
  5. 引き裂かれた女
  6. ディーパンの闘い
  7. パティントン
  8. 低開発の記憶
  9. ローカル路線バス乗り継ぎの旅
  10. コードネームUNCLE
  11. キングスマン
  12. バケモノの子
  13. オデッセイ
  14. シャーロック 忌まわしき花嫁
  15. サウルの息子
  16. ナイトクローラー
  17. 天使が消えた街
  18. パイレーツ
  19. 無頼漢 乾いた罪
  20. 牡蠣工場
  21. あまくない砂糖の話
  22. エヴェレスト 神々の山嶺
  23. 山猫
  24. インヒアレントヴァイス
  25. ザマスター
  26. ヴィヴィアンマイヤーを探して
  27. 夏をゆく人々
  28. 母の微笑
  29. エンリコ四世
  30. サムペキンパー情熱と美学
  31. 荒野のガンマン
  32. ヘイトフルエイト
  33. スポットライト 世紀のスクープ
  34. 追憶の森
  35. レヴェナント蘇えりし者
  36. KYOTO
  37. 就職
  38. ブンミおじさんの森
  39. 世紀の光
  40. 葛城事件
  41. 裸足の季節
  42. グランドフィナーレ
  43. ファブリックの女王
  44. 神様メール
  45. 緑の光線
  46. 青いパパイヤの香り
  47. 殯の森
  48. アルプス
  49. 動物農場
  50. ココ、言葉を話すゴリラ
  51. 暗くなるまでこの恋を
  52. イマジン
  53. ヴィクトリア
  54. ロードアップヒル
  55. 特捜部Qキジ殺し
  56. スパイタイム
  57. ローマに消えた男
  58. イタリアのある城で
  59. ミスターノーバディ
  60. ヴァ―ツラフハヴェルの人生
  61. シチズンフォー スノーデンの暴露
  62. 帰ってきたヒトラー
  63. あやつり糸の世界
  64. ジプシーのとき
  65. アンダーグラウンド
  66. シュガーブルース家族で砂糖をやめたわけ
  67. ミモザの島に消えた母
  68. 暗黒街
  69. アウトオブマイハンド
  70. 長江図
  71. シングストリート 未来へのうた
  72. ロブスター
  73. エルクラン
  74. グッバイサマー
  75. トレジャー オトナタチの贈り物。
  76. 君の名は。
  77. 婚約者たち
  78. シンゴジラ
  79. われらが背きし者
  80. ニーゼと光のアトリエ
  81. 渦巻
  82. ひきしお
  83. エブリバディウォンツサム
  84. pk
  85. 手紙は憶えている
  86. リリアストロッターの夢と生涯
  87. フクシマモナムール
  88. アイヒマンを追え!
  89. 7分間
  90. ブルームオブイエスタディ
  91. リトルメン
  92. シエラネバダ
  93. 痛ましき謎への子守唄
  94. 鳥類学者
  95. 珈琲哲学
  96. サイコ
  97. 氷の花火 山口小夜子
  98. BLOOD OF LAST VAMPIRE
  99. 東京ゴッドファーザーズ
  100. 花とアリス殺人事件
  101. インフェルノ
  102. 海に浮かぶ小瓶
  103. THE NET 網に囚われた男
  104. マンダレーへの道
  105. 私たち
  106. グレートミュージアム ハプスブルク家からの招待状
  107. 美女と野獣
  108. アイインザスカイ
  109. フランコフォニアルーブルの記憶
  110. 最後の家族
  111. たかが世界の終わり
  112. ミルピエ パリオペラ座に挑んだ男
  113. 光りの墓
  114. タンジェリン
  115. シリアモナムール
  116. フレンチカンカン
  117. リリーマルレーン
  118. トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
  119. SELF AND OTHERS